top
headline
2017年11月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 17:55:21.86 ID:2/+dKNIm0
妹「らめぇぇえぇええええええええぇえ」

妹「あっあっあっあっあっあっあ」

ズッコンバッコン

俺「ハァハァもっと声小さくしろハァハァ」

ズッコンバッコン

ガチャ

俺・妹「!!」

母「何やってるのあんたたち!」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 17:59:30.18 ID:2/+dKNIm0
俺「みてわかんねーのかよブタババァ」

妹「SEXだお!」

母「ワ、ワタシも混ぜなさい////」

俺「いいよママ、でもお小遣いふやしてよね♪」

妹「あたいもー♪

母「わかったわよ////」

俺「早く脱げよ」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 18:00:16.12 ID:3gQnN8h60
これはひどいwww

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 18:01:14.74 ID:z6+dPTGo0
父「よーし、父さん張り切っちゃうぞー!」

俺「お、親父まで!?」

祖母「私もいるぜ」

祖父「お前だけにいいカッコさせるかよ」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 18:07:01.23 ID:K/7aKX5M0
ポチ「ワン!(混ぜろ!)」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 18:02:56.81 ID:2/+dKNIm0
妹「あっあっあっあぁ!!あぅあ~あっあっ!」

母「お~イイェア!イイ!イイイイイ」

俺「まま~っっ!いく~!!」

ガチャ

俺・母・妹「!!!」

父「よーし、父さん張り切っちゃうぞー!」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 18:07:02.91 ID:2/+dKNIm0
俺「てめーはすっこんでろ」

父「なんだと、お父さんにむかっててめーとはなんだてめーとは」

俺「あんこらやんのかこら」

父「上等だよ表でろ」

妹「二人とも喧嘩はやめてー!」

母「うんこぶりぶりーwwwwwwwww」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 18:10:27.84 ID:2/+dKNIm0
ボコ!!ボカ!!ブキ!!

父「ウラウラウラ!!!」

俺「ゲフっ!!ごぐへっが・・!」

ドカボカゴキ

父「はぁはぁ、おめーが俺に勝てるわけねーだろ!」

俺「ふぅ・・・ふぅ・・・。」

俺「やっぱ父さんは強いや」

父「いい勝負だった、メシを食おう、今夜はすきやきだ」

俺「うん!」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 18:14:10.06 ID:2/+dKNIm0
-----食卓-----

もぐもぐ

妹「今日はお姉ちゃんは?」

母「塾で帰り遅くなるって言ってたわよ」

俺「ねーちゃんも大変だな」

俺「それにしても父ちゃん風呂長いな」

-----風呂場-----

父「俺の足臭すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 18:16:35.58 ID:yX5cFVvfO
腹筋よりひどい目にあった

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 18:16:52.65 ID:cNeug7INO
敬意を持って言わせてもらおう死ねwwwwwwwwww

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 18:19:46.28 ID:2/+dKNIm0
-----食卓-----

もぐもぐ

ガチャ

姉「タダイマアル」

俺「おっ、早かったジャン、ねーちゃんせっくすしよーぜ」

母「ぁらやだお母さんもマゼ(ry」

姉「キョウハツカレタ、アシタナ」

俺「っち」

俺「ごちそうさま」

俺「妹、メシ食い終わったら俺の部屋こい」

妹「はーい」

妹「ごちそーさまー」

ダッダッダ

-----風呂場------

父「ちんちんふりふりキモチーwwwwwwwwwwwwwwww」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 18:21:57.86 ID:3gQnN8h60
だめだこいつ手遅れだwww

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 18:26:40.74 ID:2/+dKNIm0
-----俺の部屋-----

俺「スマブラしよーぜ!」

妹「あたしさむすー!」

ピコピコ

俺「やだー妹つよいー><」

妹「おめーはほんと弱いよな、ゲームの世界もリアルの世界も」

俺「><。」

俺「もうやめるつまんないーでてって」

妹「あばよフ」

-----風呂場-----

父「ちんちんフリフr(rywwwwwwwwwwwwww」

ガチャ

母「まぁアナタったらまたこんなことして」

父「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・悪いかよ・・」

母「そ、そんなに暗くならなくても」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 18:27:08.19 ID:3gQnN8h60
やっぱ手遅れだ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 18:33:10.69 ID:2/+dKNIm0
母「まぁ無理もないわ、昔あんなことがあったもんね」

父「・・・・」

母「今晩、どう?ひさしぶりに」

父「・・・ああそうだね。」ザバン

チュ

母「やだ。こんなとこで・・・あっ」


-----姉の部屋-----

姉「リンピョウトーシャーカイチンレツザイゼンセイリュウ・・・」

ガチャ

妹「お姉ちゃんハサミかしてー」

姉「ソコノヒキダシニアルアル」

姉「スザクゲンブフージナンジギョクギョ・・・」

ブツブツ

妹「・・・・・・・・気持ちわる」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 18:37:31.05 ID:2/+dKNIm0
-----俺の部屋-----

俺「ふあーあ、なんかヒマだな~、まだ22時か」

俺「ヒマだし外でブラブラしてくっかな」

-----一階ーーーーー

トコトコ

俺「ん、風呂場であえぎ声がするぜ」

母「アナターイッチャウー」

父「アアアアーかーちゃん良いよい伊予おぉぉおぉ!!」

俺「っふ、笑えるよ」

妹「あっ、お兄ちゃんどこいくのー?」

俺「散歩」

妹「わたしもいくー」

俺「しゃーないなー」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 18:44:10.33 ID:2/+dKNIm0
-----夜の外-----

俺「んーどこいくー?」

妹「んとねー、あっそうだ!勇次郎のお墓ー」

俺「んーいいね、そこへいこう!」

トコトコ

俺「勇次郎、結構がんばって生きてたよな」

妹「そうだね、友達から聞いたけど、ジャンガリアンの平均寿命3年なんだってー」

俺「そいつぁすげーじゃん、2倍も生きるなんて、ギネスにのってたかもな」

妹「だよねー」

トコトコ



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 18:46:54.49 ID:2/+dKNIm0
-----勇次郎の墓-----

俺「ナムダミアムヅ」

妹「ナミダメアモツ」

パンパン

妹「よし、帰ろっか!」

俺「いや、せっかくだしセックスしようぜ!」

妹「しゃーないなー」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 18:52:31.79 ID:2/+dKNIm0
俺「野外もイイネー!」

妹「ウン・・っ!アッアッアッ!」

警察「こらーなにやってんだべ!」

俺「!!うっわやっべにげろ!」

妹「ま、ままってー」

警察「にがさんぞー!くらえ!」

パァァン!!

妹「ゲフッ!」

バタッ

俺「妹!!」

妹「おにいちゃん・・・あたしのことは・・・い、いいからにげt」

俺「オッケーイ!」

ギュイイイイイイイイイイイイン


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 19:00:54.31 ID:2/+dKNIm0
父「ふぅー、やっぱりママは最高のセックスパートナーだYO!」

母「あらやだあなたったら、ウフフ」

ガチャ

俺「はぁ・・はぁ・・」

父「どうした息を切らして!」

母「なにがあったの!」

俺「妹が・・・・警察に銃で・・・・うっうっ・・・チキショー!クソ!!!!」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 19:02:31.45 ID:2/+dKNIm0
父「ちょwwwwwもちつけwww・・・」

父「・・・何だとおお!!!!!!!!!!!!!1」

母「そ・・・そんな」フラフラ

バタ

父「母!、己警察!!とっつかまえてスープにしてやる!どこにいる!!」

俺「(と、とうちゃんが本気だ・・!)ゆ、勇次郎の墓の山」

父「まってろー!!」

ギュイイイイイイイン




67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 19:07:13.14 ID:2/+dKNIm0
俺「俺もいくー!」

ギュイイイン

-----勇次郎の墓-----

父「ハァハァ・・・!」

妹「う・・・うぅ」

父「大丈夫か!!!!!!!!!!!!!」

妹「き・・・きゅうきう・・しゃ」

父「応ッッ!!!しまったケータイ忘れた!!!」

父「チキショウ・・・・チキショーッッ!!!!!!!」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 19:13:20.54 ID:2/+dKNIm0
父「俺はいつもなんでこんなときに!!!!」

父「ぐわぁぁぁあああああああああああああああ!!んわんわんわん!」

父「うわぁぁぁあああッヒああああんわんわん!!」

父「うわあああッヒんわんわんック、うわああああああああんッヒ、うわぁぁぁぁああッヒんわんわん!」

父「こんなときッヒにシャックリが止まらねぇ!」

俺「倒産!妹は無事か!!」

父「ッヒ」

俺「救急車をよんだ!すぐにくる!」

ピーポーピーポー

俺「キタ!救急車さん!!」

救急車「イモウトハブジカーwwww」

ヨイショ

俺「後は頼んだぞ!!!」

救急車「イモウトノイノチハオレガヒキウケカーwwwww」

俺「妹!しぬなぁぁ!!!」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 19:16:47.12 ID:uGka8oIz0
( ;∀;)イイハナシダナー

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 19:22:41.76 ID:2/+dKNIm0
-----次の日-----

-----病院-----

父「お医者さん!妹が無事か!!」

医者「妹はBUJIですよ」

医者「運よくかすりキズで済みました、後遺症とかも心配ありまSEN」

父「ッシャァコラァァァァァァ!!!!」

父「おっと電話電話」

-----俺の学校-----

プルルルルル

俺「妹はどうだった!?」

父『大丈夫だ!かすり傷だそうだ!』

俺「そうかよかった」

俺「(幸い、かすり傷で済んだものの、もし違うとこにあたって死んでたら・・・)」

俺「(僕は絶対にあの警察をゆるさない!)」

俺「(復習してやる!!)」


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 19:30:15.98 ID:2/+dKNIm0
-----次の日-----

----病院----

ガチャ

俺「大丈夫か妹」

妹「あ、おにーちゃん。ごめんね、あたしがドジだかr」

パァン!

俺「バカヤロー!お前はいつもそうやって自分を責めてる!」

俺「他人を当てにしないんだ、そのうえすぐ寂しがる!」

妹「うぅ・・痛いよー、うわぁーん」

パァン!

俺「泣くなアホ!」

俺「妹・・・」

妹「ん?」

俺「・・・・・誰からも愛される人間になれよ」

バタン


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 19:35:48.01 ID:2/+dKNIm0
-----俺の家-----

俺「手袋OK、サングラスOK、非常食OK、・・」

俺「よし、準備マンタン!さぁいくぞ!」

姉「ナニヲシテルニダ」

俺「ああ、・・・・俺は妹を打った警察をゆるさない。」

姉「ヌ?」

俺「俺は復習する旅にでる」

姉「・・・・・ソウ・・・キヲツケテネ・・・チュ」

俺「う・・よせよ・・・」

チュパチュパ

姉「オトナノキスヨ、カエッタラツヅキヲシマショ・・・」

俺「おう・・・・・・・・・・。」


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 19:38:53.52 ID:qRYRltYp0
姉貴まさかのミサトさんフラグwwww

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 19:44:41.15 ID:2/+dKNIm0
ガチャ

俺「いい天気だ」

俺「さてとどこへ行こうか」

俺「とりあいず勇次郎の墓へいってみよう!」

-----勇次郎の墓-----

俺「ふぅやっとついた」

ガサゴソ

俺「ん!?だれかいるぞ!」

俺「こ、これは は、はむすたー!?」

俺「ゆ!勇次郎!!!」


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 19:49:04.91 ID:2/+dKNIm0
勇次郎「遅かったな」

俺「しゃべった!!!」

勇次郎「人と話せるようになるのにめちゃくちゃ練習したぜ」

俺「ていうか何で生きてるんだ!?!?」

勇次郎「実はおれぁ、ジョンコフィーとかいうオトコによ(ry」

---2分後---

俺「そ、そうだったのかー!」

勇次郎「本題に入ろう」

勇次郎「俺のご主人様(妹)を銃で撃った警察・・・あいつの名前は太郎だ」

俺「なんでわかるんだ」

勇次郎「あいつの服に名札がついててよ、こうみえてもおれぁ視力85はあるんだ」

俺「す、SUGEEEEE」


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 19:56:12.20 ID:2/+dKNIm0
勇次郎「太郎はB地区のバロウズ居酒屋によく行くぜ」

俺「何でわかるんだ」

勇次郎「においだ、こうみえてもおれの嗅覚は犬の85倍はある」

俺「もはや生き物じゃない・・・」

俺「と、とにかくバロウズ居酒屋へいってみよう!」

勇次郎「俺も連れて行け」

俺「だめだ、あぶなすぎる!それに危険だし!」

勇次郎「俺のパンチは範馬勇次郎の85倍はあるぜ」

俺「わ、わかったよ、俺の肩に乗りな!」

ピョン

俺「よしいくぜ!」

勇次郎「応ゥツッッ」

ギュイイイイイイイイイン


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 20:06:15.00 ID:2/+dKNIm0
-----バロウズ居酒屋-----

俺「ついた・・・・・」

ガラガラ

店主「いらっしゃい」

勇次郎「ここに警さt」

バン

店主「ハムスターがしゃべった!?」

俺「今のは腹話術・・・、ここに警察の太郎ってオトコは来るかい?」

店主「ああ、太郎ちゃんならよくくるね!でもよく知ってるね!」

俺「太郎の住所わかるかい?」

店主「ああ、ウチと近いからわかるよ!、東地区のバラデパートの近くのポンマンションの2の2だ」

俺「さんきゅー感謝するぜ」

勇次郎「あばよ」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 20:09:28.39 ID:2/+dKNIm0
タッタッタ!!

タッタッタ!!

俺「東地区って言ったら・・」

勇次郎「あぁ、ゴロツキや不良がいっぱいいるとこだな」

俺「こえーよー」

勇次郎「いざとなったら俺が倒してやる」

俺「助かるぜ勇次郎!」

勇次郎「チュン!ゴホゴホっ、ウ、ウン 応ッッッ!」


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 20:21:08.41 ID:2/+dKNIm0
-----東地区-----

タッタッタ

ギロリ

俺「み、みるからにおっかねえヤツラがいるぜ」

勇次郎「ふわぁ~あ、あくびがでるぜ」

タッタッタ




137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 20:23:40.16 ID:2/+dKNIm0
タッタッタ

ドテン

俺「イテっ」

YAKUZA「ん?」

俺「イイッッ!!!!(デ、デカイ!!、2メートルはあるぜ)、ご、ごめんなさい!!!!」

YAKUZA「ニイチャン、ちゃんと前向いてあるこうな」ニッコリ

俺「あ、は(ry」

ッス
ドゥッゴーーーーーーン!!!!!!!!

俺「ぐはッッ!?!?」

YAKUZA「フン!」

俺「ブヴフうえfへ9gじgじ!!」




141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 20:29:03.06 ID:2/+dKNIm0
俺「ゴッホゴホ・・・ウッヘ」

YAKUZA「スッキリしたぜ、アバヨ小僧」

俺「(ブチ!)」

俺「おいこら」

YAKUZA「アン!?まだやんのか!?」

俺「上等だよッッ!」

YAKUZA「ほう、度胸のアルヤツだぜ、いくつだコz」

YAKUZA「・・・ッッ!?!?」

バタリ

俺「?」




143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 20:34:54.62 ID:2/+dKNIm0
勇次郎「ふぅ、世話がねぇぜ」

俺「助かったぜ!」

俺「本気だせば勝てたんだけどな!」

勇次郎「よく言うぜ」

俺「先を急ごう!」

ダッダッダ


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 21:10:33.33 ID:2/+dKNIm0
-----太郎の部屋-----

太郎「(やっちまった・・・・・・・・・・)」

太郎「(悪意もない人を撃っちまった・・・)」

太郎「(こんな銃で・・・チキショウ!)」

太郎「(いや、違う!いつも思ってたじゃないか!)」

太郎「(世の中腐ってる!腐ってるやつは死んだほうがいい!)」

太郎「(で・・・できるんだ、この銃があれば、僕にならできる)」

太郎「(たとえば、この銃を誰かに渡してできるやつがいるか?)」

太郎「(そんなすごいヤツいるわけがない!)」

太郎「(そうとも・・・・僕にならできる!いや僕にしかできない!!)」

太郎「(やろう!この銃で世の中を変える!)」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 21:15:00.76 ID:2/+dKNIm0
-----バラデパート周辺-----

俺「さすがにいきなりはキツイしホテルに泊まろう」

勇次郎「ム」

俺「不服か?」

勇次郎「ひまわりの種がほしい」

俺「しゃーないなぁ」


171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 21:21:57.97 ID:2/+dKNIm0
-----バラデパート----

俺「ひまわりの種は・・・・っと、ここか」

俺「これでいいか?」

勇次郎「かまわん」

俺「コレください」

店員「1685円になります」

俺「・・・っっ!85円たりねぇ!」


176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 21:27:53.44 ID:2/+dKNIm0
店員「帰ってください」

俺「たのむまけてくれ!!」

俺「アンタ美人だぜ」

店員「そうですか」

俺「たのむよぉー」

店員「帰ってください」

俺「そうだ!俺腹話術ができるんだぜ!」

俺「(俺に合わせろ!)」

勇次郎「(おk)」

勇次郎「テーインサンヒマワリノタネクダサイ」

店員「キャーカワイイー!マケテアゲル!!」

勇次郎「(クク、人間の女もかわいいもんだな)」

俺「(人間の女も・・か、笑えるよ、勇次郎)」


327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/05(水) 11:18:07.44 ID:0++JiFV1O
>>176
最後DEATH NOTEだろwww


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 21:42:03.00 ID:2/+dKNIm0
-----ホテルの客室-----

勇次郎「もぐもぐはぐはぐ」

俺「ハハ、こうしてみるとやっぱりかわいいもんだな」

勇次郎「もぐm・・・小僧・・・」

俺「ん?」

勇次郎「挑発するにせよ言葉を選べ・・・」

勇次郎「かりそめにもこの俺がかわいいなどと」

勇次郎「青二才、失せろッッ!!!!」

俺「ヒッ・・!!!」

勇次郎「・・・・冗談だ」

俺「お、脅かすなよ・・・」

勇次郎「まぁ寝よう」

俺「いやその前に計画を立てなければならない」

勇次郎「ほぅ・・・」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 21:48:34.47 ID:2/+dKNIm0
-----太郎の部屋-----

ガサゴソ

太郎「ん?」

太郎「なんだネズミじゃねーか」

太郎「結構かわいいな」

太郎「おなかがすいてるんだな」

太郎「冷蔵庫にリンゴがはいってたな、ホラヨ」

むしゃむしゃゴックン

太郎「食うのはいぇえええーっ」

ネズミ「助かったぜAIBO!」

太郎「ネズミがしゃべった!!」


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 21:52:38.89 ID:2/+dKNIm0
ハムスター「俺はネズミじゃねぇ、ハムスターだ」

ハムスター「それに名前もアル」

勇太郎「俺の名前は勇太郎」

太郎「!?」

勇太郎「死にそうなところ助けてくれた例にお前の言うことを一生聞こう!」

太郎「そいつぁ助かる!ありがとう」

太郎「その前になんでしゃべれるんだよ」

勇太郎「実は昔ジョンコフィー(ry」



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 21:43:48.06 ID:hR/Dc8iG0
ひまわりすら買えなかったのによくホテルに止まれたなwwwww

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 21:59:07.28 ID:2/+dKNIm0
-----ホテルの客室-----

俺「よし!頭にはいったか?」

勇次郎「バッチリだな」

俺「絶対に倒してやるぜ、まってろ太郎」

勇次郎「おい」

勇次郎「>>179だってよw」

俺「勇次郎、そこは気にしたら負けだ」

勇次郎「うむ」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 22:05:20.90 ID:2/+dKNIm0
--AM4:40--

俺「このホテルを選んでよかったぜ」

勇次郎「だな」

俺「ここからなら太郎のアパートを見下せる」

俺「一日中見張って太郎が仕事に向うのを確認したら即アイツのアパートに入る」

俺「お前の自慢の鼻で部屋をかぎ分けてお前のパンチでドアを壊して侵入」

勇次郎「まかせとけ」

俺「あとはへやで待ち伏せしてお前がパンチ」

勇次郎「パーペキ」


194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 22:10:09.31 ID:2/+dKNIm0
--AM7:50--

俺「ねみぃー」

勇次郎「スヤスヤ」

-----太郎の部屋-----

ヂリヂリヂリヂリヂリヂリ

太郎「いっけねー遅刻するぜ」

太郎「勇太郎は部屋で留守番してろ!」

勇太郎「おうまかせな」

-----ホテル客室-----

俺「あ!今でた!」

勇次郎「うぃ~~」

勇次郎「ほらいくぞ!・・・どうした?」

俺「(逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ)」

俺「(そう、逃げちゃダメだ!)」


196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 22:15:28.15 ID:2/+dKNIm0
俺「乗れ」

ピョン

俺「ッシャァ!!」

ギュィィィイイイイイイイン

ダッダッダ

俺「よし、どっちだ」

勇次郎「クンクン(ん?このにおい・・・いや気のせいだ)」

勇次郎「クンクン、こっちだ」

俺「よし!」

ダッダッダ

勇次郎「この部屋だ」

俺「ゴクリ」


197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 22:18:33.32 ID:2/+dKNIm0
勇次郎「テヤァァァ!!!!アタァ!ッッ!」

ばこーん!

俺「邪魔するぜ」

勇次郎「ハッ!!!!!!!!!!!!!!!」

勇太郎「よぉ、遅かったじゃないか」


勇太郎「においが近かったんで来るとは思ったよ」

俺「ん?なんだあのハムスター、知り合いか?」

勇次郎「He`s My Brother


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 22:26:59.78 ID:2/+dKNIm0
俺「な、なにー!」

勇太郎「おびえることはないだろ」

勇次郎「ク、クソ 生きていやがったか」

俺「強いのか?」

勇次郎「つ、強さはせいぜい俺の85倍」

俺「めっちゃやべーじゃん!」

勇次郎「な、なぜここにいる」

勇太郎「お前には関係ないさ」

勇太郎「ここの警備を頼まれてる」

勇太郎「ドアを壊したぶん・・・」

勇太郎「チョエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!!!」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 22:31:36.79 ID:2/+dKNIm0
俺「!」

勇次郎「!」

ドッシャーーーーーーン!!!!!!!

俺「あ、あぶねぇ・・・」

俺「は!!!」

勇次郎「さっきのホテルがスッポリなくなってるぜ」

俺「な、なんて破壊力だ・・っ」

勇太郎「はずしたか」

ッス

勇次郎「スキアリ!!!!!!!!!!!!!」



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 22:34:18.63 ID:2/+dKNIm0
バコンドカン!

デュクシデュクシッッ!

デユクシデユクシ

シュンシュン

俺「は、はやすぎて前がみえねええ・・・・」

勇太郎「グフっ」

俺「よわっ」

勇次郎「ふぅ、どうやら修行が足りなかったようだなアニキ」

勇太郎「ゲフ、オッフ、」

勇次郎「パワーはあるが、スピードがなってないぜ」

勇太郎「俺の負けだ・・・・と、ところで何しにきたんだ」




208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 22:38:23.50 ID:2/+dKNIm0
俺「実はアレコレ・・・・」

勇太郎「そうか・・・太郎がそんなヤツだったとは」

俺「協力してくれるかい?」

勇太郎「いいだろう、さすがに勇次郎だけじゃ銃相手には敵わねぇからな」

俺「ありがとう」

勇次郎「っけ」


すいません風呂に入ってきます、保守してくれたらうれしいです┏○


209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/04(火) 22:40:31.48 ID:RctpqEjg0
ホテル木っ端微塵にする奴に勝っておいて 銃に勝てないって
太郎はどんだけつよいんだよ


210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/04(火) 22:41:14.60 ID:nz5/7Nhh0
銃相手には敵わねぇからな

クソワロタwww

222 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/04(火) 23:25:40.48 ID:2/+dKNIm0
たくさんの保守ありがとうございます。

続けたいともいます┏○


228 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/04(火) 23:31:36.91 ID:2/+dKNIm0
-----太郎の署-----

太郎「野郎・・・・・・・・・裏切りやがった・・・・」

後輩「どうしたんですか署長、盗聴器なんかイジって」

太郎「だまれボケナスひっこんでろ!」

後輩「ッヒ スァセン!!」

太郎「(クソいまいましい、まさかとは思ったがこんなことになるなんて)」

太郎「(幸いにも部屋に盗聴器を仕込んで置いてよかった・・・)」

太郎「(家には戻れない・・・)」

太郎「(銃の弾なら倉庫にあるな・・・)」

太郎「(残金85万か)」

太郎「(大西組にもでかい貸しがあったな)」

太郎「(よしっ)」


230 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/04(火) 23:38:17.15 ID:2/+dKNIm0
太郎「おい後輩っ!」

後輩「ハッ!」

太郎「カラスは白いよな?」

後輩「ハッ!雪のよぅに真っ白く羽ばたいております!」

太郎「よしっ勤務終了。」

後輩「(ラッキー、これからパチンコいこwwww)」

太郎「これから一生俺についてこい。」

後輩「えぇっ!?」


234 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/04(火) 23:42:59.35 ID:2/+dKNIm0
テクテクテク

後輩「どこいくんすか署長」

太郎「ルセー、黙ってついてこい!」

テクテク

後輩「コンビニ・・・」

太郎「ちょっと金下ろしてくる」


235 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/04(火) 23:47:30.42 ID:2/+dKNIm0
-----コンビニ------

太郎「チキショーアホンダラァ!!」

後輩「どどうしたんすか?」

太郎「ATMのパスワードわすれちまった」

後輩「えぇーヤバいですやん!」

太郎「おめーいくら持ってんだ」

後輩「ご、5万円くらい・・・」

太郎「ちっきしょ使えねー野郎だ」

太郎「じゃあ仕方ねぇ・・・・・」



236 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/04(火) 23:51:51.72 ID:2/+dKNIm0
コト

コンビニ店員「ィラッシャァセーwwwwwwwwwww」

コンビニ店員「コチラフクロヲツケイタシヤスカー?wwwwwww」

カチャ

太郎「金だしな」

コンビニ店員「アワワワワアワワワ・・・」

ザワザワ

コンビニ店員「こ、コココココレrrデゼンbbッブデスッススウスゥゥ」

太郎「(20万か・・・)まぁいい」

コンビニ店員「ドドドドゥカオイノチダケワ・・・・」

パァン!!!!!!!!!

客「きゃーーーーーーーー!!!!」

後輩「あわわやっちゃった」

太郎「Thank You!」

タッタッタ


240 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 00:00:17.00 ID:ZjYaLEpx0
うーーーーーーゥゥぅウウーーーーーーーゥウゥゥウー
ピーポーピーポ

ダッダッダ ポロ

ダッダッダ

太郎「あそこの橋に隠れろ!

-----橋の下-----

太郎「ハァハァ」

後輩「ヒィフゥヒィフゥ」

後輩「やっちゃいましたね」


242 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 00:04:11.74 ID:ZjYaLEpx0
後輩「おれあんなハラハラしたの始めてッス!」

太郎「(25万あれば一週間はすごせるな)」

太郎「あれ?」

後輩「どうしたんすか?」

太郎「金落とした!!!!!」

後輩「ええー!!」

太郎「ちきしょう・・・・・・ちきしょーッッ!!!!!!!!!」


246 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 00:08:51.75 ID:ZjYaLEpx0
後輩「署長」

太郎「なんだよちきしょう」

後輩「自分、ひとっ走りで探してきます!」

太郎「まだパトカーがうじゃうじゃいる!危ないからだめだ!」

後輩「オレ、署長の後輩で本当によかったっス!」

ダッダッダ

太郎「おい!ちょまてょ!・・・」

太郎「(・・・・・・・・・・・・・・・無事でいてくれよ)」


247 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 00:14:35.59 ID:ZjYaLEpx0
---5分後---

太郎「(おそすぎる!!つかまったんじゃないのか!?)」

太郎「(くそー!捕まったらここもばれる、逃げるしかねえ)」

ダッダッダダダ

----交差点----

後輩「おーいタクシー!」

キキー

後輩「バラデパート辺りまで頼む」

ブゥーン

後輩「(あんなアホと一緒にいたら、こっちまで頭がおかしくなりそうだぜwww)」

後輩「あ、そこひだりでーす」


251 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 00:24:43.67 ID:ZjYaLEpx0
-----太郎の家-----

---PM18:30---

俺「遅くね!?」

勇次郎「おせーんだよなにしてやがる!」

勇太郎「まぁ落ち着け」

勇次郎「腹がへってたまらん」

勇太郎「ぐぅ~~~」

俺「お、こんなとこに貯金箱♪」

俺「うへーwwwwww4千円もあるしwwwww」

俺「よし、デパートねぇしファミマいってメシかってこ」

勇太郎「リンゴ」

勇次郎「ひまわりのたね」

俺「おめーらも来るんだよ」


252 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 00:28:23.12 ID:ZjYaLEpx0
-----バラデパート辺りーーーーー
タクシー「アーッシター」

ブーン

後輩「ふぃー、デパートでくつろぐかなってぶへーwwwww」

後輩「デパート粉々wwwwww地震かww」

後輩「・・・あこのファミマで本でも読むか」



253 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 00:31:11.54 ID:ZjYaLEpx0
-----FamilyMart-----

ファミマの店員「いらっしゃいませ(ハムスターww)」

客「クスクス」

俺「さすがにハムスター二匹も肩にのっけてりゃ目立つわな」

ファミマの店員「いらっしゃいませ(警察w)」

後輩「さーって今週のウェンズデイみよーっと」

勇次郎「!」

俺「どうした?」


254 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 00:34:49.79 ID:ZjYaLEpx0
勇次郎「あの警官・・・臭うぞ」

勇次郎「太郎と接触した可能性が高いな」

俺「(なんだと!)」

俺「(接触するしかねぇな)」

勇次郎「(まかせろ)」

後輩「うっへっへwwwはしのあき萌えーww」

後輩「ん?ハムスターじゃねーか」

後輩「かわいーwwwww」


257 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 00:38:57.57 ID:ZjYaLEpx0
俺「あ、すみませんウチのハムスターなんですよ(笑)」

後輩「おーこれはこれは二匹も」

俺「コイツ芸できるんすよーww」

後輩「どんなのだい?」

俺「ちょっとここじゃアレなんで来てください」

後輩「うへへwたのしそw」

ファミマの店員「ありがとうございましたー」


261 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 00:43:11.68 ID:ZjYaLEpx0
-----空き地-----

勇次郎「オラァ!」

ドン!

後輩「ぐへっ!?」

勇太郎「オリャァ!」

バスッ

後輩「うぇうぇッ」

後輩「なにするんだ!痛いじゃないかー!」

後輩「ハムスターの癖にィ!」

俺「お前太郎ってオトコしってるか?」

後輩「!あのアホがどうしたんだ?」

俺「実はコレコレあんやこんや・・」



262 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 00:46:59.52 ID:ZjYaLEpx0
後輩「なんだってー!!」

後輩「そういうことか・・・」

俺「どうしたんだ」

後輩「いや実は今日の朝署長は盗聴器をつかってなにかしてたんだ」

俺「つまり俺たちの声を聞いてたのか・・・」

勇次郎「だからこねーわけだ」

後輩「うわしゃべった!」

俺「このハムスターたちは特殊で強いんだ」

後輩「すごいなー」

俺「お前は俺の仲間になれ」

263 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 00:51:08.41 ID:ZjYaLEpx0
後輩「そうだね、あのアホをいつまでもほおっておくわけには行かない」

俺「そうと決まれば、自己紹介だ、アンタの名前は?」

後輩「おう!ボブだ!」

ボブ「よろしくな!」

俺「よし!みんなで力をあわせて太郎をやっつけよう!」

勇次郎・勇太郎・ボブ「えいえいおーっ!」


265 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 00:55:54.51 ID:ZjYaLEpx0
-----ここまでのあらすじ-----

妹が太郎に撃たれる

俺と勇次郎が太郎の家に侵入

勇太郎を仲間にする

ボブを仲間にする

太郎はどこかに逃げ回っている


266 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 00:57:37.99 ID:ZjYaLEpx0
-----住宅街-----

--PM11:00--

太郎「ぐっへふぅ・・・ふぅ・・・ふぅ・・」

太郎「ブルルルルアアアアアアアアアアアアアア!!」

パリーン

太郎「(金目のものはっと)」

太郎「(ん、風呂場からなんか聞こえるぜ)」

父「オチーンチンフッリフリオチーンチーンwwwwwwwwwwwwww」

母「まぁあなたったらwwww」


321 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 10:54:00.30 ID:ZjYaLEpx0
たくさんの保守をありがとうございます。

さっそく話を進めたいと思います

323 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 11:00:20.15 ID:ZjYaLEpx0
ガサゴソ...

ガサゴソ...

太郎「(クッソ金目のものがなんにもねぇ)」

太郎「(ひぃふぅみぃ、500円か・・・)」

太郎「(次の部屋・・)」

ガチャ

姉「リョーハンジャーレンピョー・・・ヌ?」

太郎「(・・っ!やべッ!)」

姉「ッハッ!・・・・キサマナニヤツ」

太郎「あー、お、お父さんの友達だよ^^;」

324 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 11:07:21.43 ID:ZjYaLEpx0
ッス

姉「・・・ソウカ、カッテニハイルンジャネェ・・・・・ヌ!!」

カチャ

太郎「おとなしくしろ、騒いだら撃t」

姉「キャアアアアアアアアアアアアアアアアッッッッッッッ!!!!!!!!!!!」

太郎「っち・・・・!」

ッポン

姉「!!ッヒ!!・・・・・・????」

太郎「(た、弾切れ!?!!!!)」

太郎「(そういえば倉庫から銃弾もってくんの忘れてたっ!!不覚!)」

太郎「(逃げねば!)」

ダッダッダ

姉「パパ---------------!!!」


326 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 11:17:13.64 ID:ZjYaLEpx0
-----風呂場-----

母「あなたっ今の音・・・!!」

父「姉になにかあった!!」

ダッダッダ

-----姉の部屋-----

父「姉ェェェェッッッッッ!!!!!!!!!!!」

父「ドォォォォオオオシタァァァァ!!!!!!!」

母「窓ガラスが割れてる!!」

姉「コワカッタヨー」

父「何があったんだ」



330 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 11:26:25.93 ID:ZjYaLEpx0
姉「サッキドロボウガハイッテキテ・・・・・」

父「怪我はないか!!一体どこのどいつだ!?」

姉「アッ、ソウイエバナフダニタロウッテカイテアッタアル」

父「太郎か、よし。とーちゃん旅に出る」

母「待って、あなた早まらないで、お巡りさんに被害届けをだしましょう」

父「そうだな・・・」

-----翌日-----

---AM9:40---

-----病院-----

妹「はぁ・・・ヒマだなァ~」

妹「もうどこも痛くないのにィ」

妹「お兄ちゃんとHしたいなぁ・・・」

妹「お兄ちゃんにメールしよ」

-----太郎の部屋-----


333 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 11:33:50.04 ID:ZjYaLEpx0
俺「よしここが俺たちの事務所にしよう」

勇次郎「この部屋臭くてたまらねえぜ」

勇太郎「文句をいうな」

俺「パソコン、風呂、水道、テレビ、電気、ガス」

俺「これだけあれば十分だぜ、つっても金がねーんだよな」

ボブ「あ!そういえば太郎は銀行に85万あるっていってましたぜ」

俺「なに!そいつぁ大金だ、よし!みんなで通帳と印鑑を探そう!」

一同「おう!」

ヴィーンヴィーン

俺「(メールだ)」


334 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 11:40:00.40 ID:ZjYaLEpx0
妹【 病院つまンないー、-_- 汚兄ちゃソとHUたい気分(ハァト 】

俺【 Re: わがまま言うな、俺は忙しいしオナニーでもしてろ 】

妹【 Re:Re: お姉ちゃんとヤってンの? 】

俺【 Re:Re:Re: お前を撃った犯人をさがしてるんだよバカ 】

妹【 Re:Re:Re:Re: あーそだったねー^o^b がんばってネ(ハァト 】

俺【 Re:Re:Re:Re:Re: おう!帰ったらHしよう! 】

俺「(送信と・・・ヘヘヘ)」

勇次郎「(クク・・・・・色を知る時代か・・・・・・)」




336 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 11:47:36.91 ID:ZjYaLEpx0
勇太郎「通帳あったぜ!!」

ボブ「印鑑もあった、これにまちがいねぇ」

俺「おお本当にはいってる!」

俺「よっしゃ銀行にいこう!」

ダッダッダ

-----太郎-----

ダッダッダ

太郎「ハァ・・・・ハァ・・・やっとついた」

-----太郎の署-----


後輩2「あ署長じゃないすか!おはようございます」

太郎「おう、銃弾倉庫のカギもってこい2」

後輩2「あ、はーい」


338 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 11:53:53.34 ID:ZjYaLEpx0
ガサゴソ

太郎「よし・・・・・これだけリュックサックにつめば十分だろ」

ガチャ

後輩2「あっ!署長~盗んじゃだめっすよ~」

太郎「小ざかしい」

カチャ

パァン!!!!

後輩2「グフッッ!!・・・」

バタン

-----外-----

太郎「(銃があれば脅していくらでも金はとれる)」

テクテク

太郎「(リュック重いな・・・)」

テクテク


340 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 11:58:22.69 ID:ZjYaLEpx0
テクテク

太郎「(とりま金だな・・・・お、ちっぽけなタバコ屋発見)」

タバコ屋のおばちゃん「いらっしゃいm」

パァン!

太郎「(よし!7万ゲッツ)」

太郎「(大西組へいそごう)」

太郎「ヘイタクシー」

ブゥゥゥゥン


341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/05(水) 12:04:50.61 ID:Kai0R7+qO
おばちゃんテラカワイソス(´・ω・`)


342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/05(水) 12:11:32.42 ID:PXKSqYny0
ここ数ヶ月で一番笑った

344 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 12:17:56.84 ID:ZjYaLEpx0
-----太郎の部屋-----


俺「よし、85万ゲッツ!」

勇次郎「でもこれからどうするんだよ、肝心の太郎の居場所がわからねえとな」

俺「そうなんだよなぁ・・・」

ボブ「みなさんこっちにきてください!太郎の居所がわかりました!」

俺「おおコレはすごい!!」

勇次郎「ボブはハッカーか?」

ボブ「太郎の身に着けてる無線機の電波をキャッチしただけです」


345 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 12:25:23.69 ID:ZjYaLEpx0
俺「ん、アイツドコに向かってるんだ」

勇次郎「このスピードからして太郎はクソ足が速い・・・せいぜい俺の85倍」

勇太郎「バカか車にのってんだろよ」

ボブ「おそらく、大西さんの家かと」

俺「大西?」

ボブ「デカイ組織の組員です、過去にいろいろ太郎に世話になってて」

俺「ちきしょう、相手がヤクザだと・・・」

勇次郎「何おびえてやがる、俺らがいるだろう」

俺「勇次郎・・・・そうだな!」

勇太郎「しばらくは様子をみよう」

ボブ「それがいいです」


346 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 12:35:27.91 ID:ZjYaLEpx0
-----大西邸周辺-----

タクシー運転手「2850円になります」

パァン!

タクシー運転手「ぐはっ」

太郎「さてと・・・」

ピンポーン

大西「だれだ」

大西「おお!これはこれは太郎の旦那!」

太郎「頼みがある」

大西「・・・いいぜ、とにかく入ってくだせぇ!」


347 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 12:45:54.29 ID:ZjYaLEpx0
-----大西邸-----

太郎「相変わらずデカイ家だな」

大西「おい!酒とつまみもってこい!」

組員「ッハ!」

太郎「じつはアレコレこういうことでな・・」

大西「な、なんてグダグダな話なんだっ、そいつぁかわいそうだな」

太郎「そこで組員を千人と壱千万円をくれ」

大西「そ、そうか・・・・・しかしウチもちょっとやばいんだよ・・」

太郎「どうした?」



348 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 12:49:43.14 ID:ZjYaLEpx0
大西「実は最近腕の高い打ち手が現れてな・・・」

大西「ウチらの雀師はまったく歯がたたなくて」

大西「俺らの組は借金を背負うことになったんだ・・」

太郎「・・・・・雀王か・・・」

大西「知ってるのか!?」

太郎「85歳、年齢=無敗の代打ち師、裏の麻雀ででかい事稼いでるヤツだな」

太郎「いいだろう・・・俺が倒してやる」

大西「牌を握ってくれるのか!?」

太郎「困ったときはお互い様だ」

大西「恩に着るぜ」

太郎「ただし終わったら組員壱万人、と一億円をくれ」

大西「わかった、なんとかしよう・・」


350 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 12:52:02.18 ID:ZjYaLEpx0
太郎「で、試合はいつだ」

大西「二時間後、ここの近くの麻雀卓でだ」

大西「2対2のチーム戦だ・・」

太郎「わかった」

-----1時間後-----

ガチャ

アオギ「コイツが俺のチームかぃ?警官とかテラワロスwww」

太郎「よろしくたのむぜ」


-----二時間後-----

ブゥゥゥゥン

雀王「入るぜ・・・」

SHOGO「へいアニキ!」

組員「アニキ!!雀王たちがきました!」

大西「総員、第一種戦闘配置」


353 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 13:23:53.76 ID:ZjYaLEpx0
-----麻雀卓-----

雀王「おやおや、一人見られないやつがいるな」

太郎「太郎だ、よろしく」

アオギ「さっさとはじめようぜwww」

組員「ルールを説明する。全3試合、持ち点一人2万5千、W役満なし、ナシナシだ」

組員「チームの一人が持ち点0になったら負け、先に2勝したチームが勝ちだ」

組員「ちなみに全て東場だ」


【 太郎・アオギ vs 雀王・SHOGO 】

-太郎 麻雀暦21年 一発の神-

-アオギ 麻雀暦11年 闇から舞い上がった天才-

-雀王 麻雀暦85年 無敗の不老不死-

-SHOGO 麻雀暦8年 詳細不明-


355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 13:28:53.92 ID:ZjYaLEpx0
[一試合目] [一局目]

ジャラジャラ

アオギ「(っち、手配がわりぃ)」

アオギ「ポン!」

バシ

雀王「・・・・ロン」

アオギ「!」

雀王「親直役満だ」

アオギ「死んだ・・・」

太郎「失礼、頭はねだ」

雀王・アオギ・SHOGO「!」

太郎「ぴんふだ」

アオギ「た、たすかったぜ」

雀王「やるな・・・」

太郎「つづけよう・・・」


356 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 13:37:17.77 ID:ZjYaLEpx0
[二局目]

ジャラジャラ

シュンシュン

雀王「ツモ!ハッセンオール!」

太郎・アオギ「!!」

SHOGO「さぁっすがアニキ!」


357 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 13:43:51.31 ID:ZjYaLEpx0
[三局目]

ジャラジャラ

アオギ「ック手牌がわるい・・・」

アオギ「チー!」

バシ

雀王「ロンっ」

雀王「倍満だ」

SHOGO「(チートすぐるwwww)」

アオギ「お、おわった・・・」

太郎「あきらめるな、あと2試合かてばいい・・・」

アオギ「そ、そうだね・・・」

太郎「(クソいまいましい、なんてザコだ)」


359 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 13:53:32.25 ID:ZjYaLEpx0
[三試合目] [一局目]

アオギ「ック、手配が悪い・・!」

バシ

雀王「リーチ!!」

バシ!

太郎「(っく・・・この牌は通らない・・)」

太郎「(しかし・・この手は見逃せない・・・)」

太郎「やるしかねぇ!おっかけじゃー!!」

バシ!


360 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 14:00:43.27 ID:ZjYaLEpx0
雀王「・・・」

太郎「(ふぅ・・・)」

アオギ「(この牌は通らない・・!)」

アオギ「(だがリャンペーコウは見逃せない!)」

アオギ「俺もおっかk」

太郎「ギロリ」

アオギ「(っ!ック・・・)」

アオギ「いや、なにもねぇ」

バシ

362 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 14:13:19.04 ID:ZjYaLEpx0
SHOGO「(ここは逃げよう)」

バシ

雀王「(っち・・・!イーピンは・・!)」

バシ!!

太郎「・・・」

雀王「(んぬ!?見逃し!?)」

太郎「ツモ!!」


365 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 14:17:35.01 ID:ZjYaLEpx0
太郎「リーチ一発ツモジュンチャンドラドラ親倍満だ」

アオギ「リーボウもあわせて2まんごせん!まじパネェ!」

大西「(おお!次の試合で全てが決まる・・!)」

[三試合目] [一局目]

アオギ「っく・・・手配が悪い!!」

バシ

SHOGO「(おっラッキー!生まれてはじめての)Wリーチ!」

雀王「(ふふ やるな!)」

バシ!

SHOGO「はーいイッパーツ!!でちゃったねーwwwまんがーんwww」

雀王「は?!」

SHOGO「しまった間違えた!!ごめんアニキ!!!!」

アオギ「(バロスwwwwwwwwwwwwwwwwwww)」

太郎「ふん、ブザマだ」


368 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 14:39:03.80 ID:ZjYaLEpx0
SHOGO「(うっわーいっけねぇ~、アニキ怒ってるかなァ~ドキドキ)」

バシ

雀王「・・・」

パシ

太郎「(たしか次の俺の牌は・・・)」

太郎「リーチ!」

バシ!

バシ

バシ

雀王「(ック!)」

バシ!

太郎「つも!1万2千オール!」


372 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 14:46:11.72 ID:ZjYaLEpx0
雀王「(っく、こんなヤツがいたとはな・・・。おもしろい!)」

雀王「(そろそろ本気をみせてやる・・・)」

雀王「ギロリ」

SHOGO「(アニキの目の色が変わった!!)」


374 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 14:49:00.19 ID:ZjYaLEpx0
[三局目]

[一巡目]

ジャラジャラ

アオギ「(ん?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・こ・・・これは!!!!)」

雀王「ダブル立直!!」

SHOGO「(勝ったな・・・)」

アオギ「ロン」

太郎・雀王・SHOGO「!?!?!?!?」

ドン!

アオギ「人和だ」

雀王「ヴぁっヴぁかな・・・!!」

SHOGO「ちきしょー!」

太郎「終わりだな。」


377 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 14:59:12.64 ID:ZjYaLEpx0
-----大西邸-----

大西「いあぁ!!お見事でした!」

太郎「チョロイもんだ」

アオギ「おれぁ帰るぜ」

大西「用意はもうしてある」

太郎「おお早いな」

大西「現金1億円と組員総数壱万人だ」

ズラズラ

太郎「さんきゅー!じゃー元気でな!」

大西「おまえもな!」

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/05(水) 14:59:42.37 ID:TTQCbldbO
アオギいっつも配牌悪かったもんな

379 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 15:02:59.49 ID:ZjYaLEpx0
-----外-----

太郎「よーしお前らは今日から俺の部下だ」

壱万人「So Yes Sir!」

太郎「とりあいず10秒で適当に4チームに分かれてくれ」

ズラズラズラ

太郎「よし、お前らがA、お前らがB、お前らがC、お前らがDだ」

太郎「よし、AとBに9000万円わたすからで山にデカイ城をつくれ」

A・B「So Yes Sir!」

太郎「Cは全員俺の背後につけ、ボディーガードだ」

C「So Yes Sir!」

太郎「Dは働いて金を稼げ、利益は全部俺だ」

D「So Yes Sir!」

太郎「(いよいよこのときが来た・・・太郎時代の始まりだぜ・・!!)」


383 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 15:16:26.33 ID:ZjYaLEpx0
-----太郎の部屋(勇次郎たちの部屋)-----

俺「一体太郎はなにしてやがる!さっきから外でうろちょろと」

ボブ「んーそうだ!ワタシが自作した『MAJI』に聞いてみよう!!」

俺「なんだそれ」

ボブ「スーパーコンピューターで宇宙最強の頭脳を持っています」

ボブ「それに物凄いGPS機能もついてます」

俺「そりゃいい!はやくもってこい!!」

ボブ「家からDASHでとってきます!」


385 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 15:23:17.16 ID:ZjYaLEpx0
--30分後--

ボブ「よし!接続!」

MAJI「用件を言ってください」

ボブ「太郎は今何をしている」

MAJI「太郎は部下壱万人を手に入れ、山に城を築こうとしています」

俺「なんだとぉ!?」

ボブ「これを止めたいのだが、どうすればいい?」

MAJI「MAJIは判断を保留しています」

俺「どうする」

勇太郎「俺たちが城ごと破壊すればいい」


386 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 15:29:29.86 ID:ZjYaLEpx0
俺「そりゃいい!」

勇次郎「いや・・・・」

勇次郎「その山の高さは?」

MAJI「標高2000mです」

勇次郎「ちきしょう!」

俺「どうした」

勇次郎「俺たちハムスターはそんな高いところにはいけない・・・気圧が低すぎる・・・」

勇太郎「唯一の弱点なんだ・・」

俺「ちくしょう、どうすればいいんだ!」

勇次郎「まいったぜ」

勇太郎「山ごと破壊するしかないな・・・」


388 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 15:34:55.47 ID:ZjYaLEpx0
俺「いやそれはだめだ、たくさんの人を巻き込んでしまう」

勇次郎「人を安全なところに非難させればいい」

俺「俺たちだけじゃ無理だろJK」

ボブ「MAJIに架空の派遣会社のホームページを作らせて人材を募集するのはどうでしょう!」

俺「そりゃいい!そうしよう!」

勇次郎「なるほど、そうして山から関係のない人を移動させる仕事ってことにするのか」

ボブ「MAJIの頭脳なら数百人はよってくるぐらいのホームページを作れますっ」

俺「よし!頼んだぜ!」

ボブ「アサヒ派遣会社っと・・・・」


390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/05(水) 15:37:42.36 ID:5bwdSPnu0
スレタイとストーリーが全く共通点ねぇwwwwwww

402 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 17:10:33.36 ID:ZjYaLEpx0
-----一ヶ月後-----

-----太郎山-----

太郎「ついに我が城ができた!」

壱万人「うおおお!!!!!」

太郎「その名も太郎王国!!!」

壱万人「うおおお!!」

太郎「俺はこの腐りきった日本を変えてみせる!!!」

太郎「日本合衆国計画!!」

壱万人「うおおおおおおおおおおおお!!!」

403 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 17:13:54.60 ID:ZjYaLEpx0
-----俺達の事務所-----

ボブ「みてください!、こんなにデカい城が!」

俺「とうとうこの時がきてしまったか・・」

俺「人材は今何人あつまった?」

MAJI「現在、2971人です」

俺「じゃあ青葉広場にみんなを明日の朝5時に集めてくれ!」

MAJI「了解です」

勇次郎「だれが3千人をも仕切るんだ?」

俺「オレじゃあ普通の高校生にしか思われないし、警察官のボブが仕切ってくれ!」

ボブ「OKです」


407 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 17:23:30.62 ID:ZjYaLEpx0
-----翌日-----

-----青葉広場-----

ズラリ!

俺「おおおいっぱいいる・・」

勇次郎「うまくいきそうだな」

ざわざわ

ボブ「えーみなさん朝はやくよくあつまってくれました!」

ボブ「アサヒ派遣会社社長のボブです!」

ボブ「ではさっそく仕事の内容を簡単に話していきたいと思います!」

-----30分後-----

ボブ「では開始です!」

ダーダー


409 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 17:32:09.79 ID:ZjYaLEpx0
俺「よし!俺たちも山の周辺の人たちを非難させよう!」

ボブ・勇次郎・勇太郎「おう!」

ダッダッダ



俺「ごめんくださーい!」

市民「はーい」

俺「実は今日の昼から明日にかけてあの山の火山が爆発するんです!」

市民「なんですってー避難しなきゃ!あなたー!」

俺「ご協力ありがとうございました!」

俺「ここにハンコおねがいします」

市民「何でかしらないけどはーい」



411 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 17:37:39.51 ID:ZjYaLEpx0
-----7時間後-----

-----青葉広場-----

俺「ふぅーーー一通りかたづいたな」

勇次郎「人の気配がすっかりないぜ」

ボブ「みなさん今日はありがとうございました!」

ボブ「約束どおり給料はハンコの数×850円で登録した講座にふりこんでおきます!」

ボブ「以上解散です!!」

-----10分後-----

俺「よし!さっそく山を破壊する作業にとりかかるか!」

勇次郎「その前にメシだろ、クタクタだぜ」

ボブ「そうですね、誰もいないんだし全部タダですよ」

俺「ソウと決まれば焼肉だぜ!!」

一同「さんせいー」


415 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 18:03:49.23 ID:ZjYaLEpx0
-----焼肉屋-----

俺「うへへ食べ放題だぜーwwwwww」

勇太郎「牛の肉もすてたもんじゃないな」

勇次郎「もぐもぐはぐはぐ」

ボブ「うまいですぅ!」

俺「ふと思ったんだけど、3000人分の人材費どうするんだよ」

ボブ「あぁ、それなら心配後無用、MAJIが全力をあげて株して儲けています」

俺「MAJIってマジ便利だな」

-----太郎城-----

太郎「今日はやけにしずかだな・・・」

太郎「なんだかいやな予感がするぜ」

太郎「いや、きっと疲れてるんだろう・・・気はらしにドライブでもいこう」

ブゥゥゥゥン


417 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 18:06:38.11 ID:ZjYaLEpx0
-----焼肉屋-----

俺「ふぃーーーーくったくった」

ボブ「そろそろいきましょうか」

俺「そうだな、いよいよ太郎をブチのめす・・・・・ゾクゾクしてきたぜ」

勇次郎「腹いっぱいだし、余裕で吹き飛ばせるぞ」

勇太郎「よくいうよ」

421 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 18:30:57.43 ID:ZjYaLEpx0
-----焼肉屋-----

俺「ふぃーーーーくったくった」

ボブ「そろそろいきましょうか」

俺「そうだな、いよいよ太郎をブチのめす・・・・・ゾクゾクしてきたぜ」

勇次郎「腹いっぱいだし、余裕で吹き飛ばせるぞ」

勇太郎「よくいうよ」

-----山の前-----

勇次郎「二人は下がってろ」

俺・ボブ「おう」

勇太郎「いくぜ!」

勇次郎「応ッッ!」


424 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 18:36:22.88 ID:ZjYaLEpx0
勇次郎・勇太郎「スゥーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

・・・・・・・・

・・・・・

・・・

勇次郎・勇太郎「ハァァァァァァァァーッッ!!!!!!!!!!!!!!!!」

ブクフーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!

ズガガガガガズガガガガガズガガガガッッッッ

ドゥクッッッン

バビビビビバビビビビ

ぼここbkぼkぼkぼbこぼうpんふsでゅshf@づs@家jfひえおjふぃソ十hグr0尾家w0位jr93

でゅshf@づs@家jfひえおjでゅshf@gtgdsづs@家jfひえおjででfrggさゅshf@づs@adfe家jfひえおjでゅsh

asdgrsfb草hぢおjh笛穂あいhうい3おhらぽいhふぃふおh


426 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 18:41:25.08 ID:ZjYaLEpx0
山「んなぁぁぁにするぅぅっぅうぅxんだぁぁぁぁあああ!!!

山「ブルッルルルルルッルルルルァァァァァァァアアアアアアアアァァァxアアアアアアアアアぁぁ!」


428 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 18:43:29.21 ID:ZjYaLEpx0
俺「ぐぉぉぉぉぉおおお!なんて衝撃波ダァ!!!」

---2分後---

俺「おおおおおお!!!ついにやった!!」

俺「すべてがおわったぁぁぁーーっっ!!!」

ボブ「きれいに山まるごとなくなりましたね」

俺「勇次郎!勇太郎!本当にありがとう!!」

勇次郎・勇太郎「ふぅ・・・・・・ふぅ・・・・・」

バタ

俺「だいじょぶか!?」

勇次郎「ちょっと力を使いすぎてしまった・・・・」

勇太郎「へへ・・・楽しかったぜみんnチュン」

俺「!?」

勇次郎「チュウチュウ」

俺「どうした?」

勇次郎「チュウチュウ」

429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/05(水) 18:46:11.27 ID:7g4gxj1q0
勇太郎「へへ・・・楽しかったぜみんnチュン」

スズメになっとるwww


430 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 18:48:40.74 ID:ZjYaLEpx0
ボブ「きっと、力を使いすぎて、普通のハムスターに戻ったんだと思います」

俺「・・・そうか・・・・・」

俺「ボブもありがとう」

ボブ「いえ、ワタシもせいせいしました」

俺「これからどうする?」

ボブ「明日は仕事に朝早く出勤しないといけないので帰ります」

俺「そうか、いろいろ世話になった」

俺「じゃあ!」

ボブ「さようなら」


432 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 18:50:44.83 ID:ZjYaLEpx0
-----30分後-----

太郎「ンんんんんんんんんんんんんんんんん~~~~っっ!!!」

太郎「ンンンンンンンなぁぁぁぁあアァじゃこらああああああああああああアアァ!!!!」

太郎「オ、オレの城が山ごとねぇ!!!」

太郎「だああああああああああっっ」

太郎「夢だーっ!!コレは夢だぁーっ!!!」

太郎「夢だーっ!!夢だーっっ!!」

ピーポーピーポー

警察「太郎さんあなたを殺人容疑で逮捕します」

太郎「あばばあばば」


433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 18:51:37.03 ID:fyaW1R8w0
すげえwwwwwwww確実に1が飽きてきたのを感じるwwwwwwwwwww

434 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 18:52:40.82 ID:ZjYaLEpx0
-----俺の家-----

俺「ただいまー」

母「まぁ!おかえりなさい!!」

妹「おにいちゃーん退院したよぉ!あいたかったよぉ!!!」

姉「ンッフ、ブジデナニヨリダワ」

母「ごはんにしましょう!今夜は焼肉よ!」

俺「いや、メシは食ってきたんだ、今日は疲れてるし寝るよママ」

妹「あたしと一緒にねよーよぉ」

俺「ああそうだな」

妹「わーい!」

-----風呂場-----

父「ァァァァァン!チンチン気持ちいヨォ!!!イクゥゥゥ!!チンチンイクゥゥゥゥゥ!!!」


437 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 18:55:20.96 ID:ZjYaLEpx0
-----俺の部屋-----

妹「警察は倒してくれたの?」

俺「ああもちろんさ」

妹「すごいねお兄ちゃん!、今日は中だししていいよ!」

俺「あ、そうだ妹にお土産があるんだ」

妹「なになにー?」

俺「ジャン!勇次郎とその兄の勇太郎だ!」

勇次郎・勇太郎「チュンチュン」

妹「キャーーー!!生きてたんダァァ!!わーいわーい」

俺「ぐーーぐーーっ」

妹「勇次郎はこっち、勇太郎はこっちよ、うふふふふふ」

妹「明日学校だしワタシもねよーっと」

妹「(んふっ、お兄ちゃんの体あったかい)」

俺「ぐーーぐーーっ」


439 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 18:58:12.36 ID:ZjYaLEpx0
ゴソゴソ

妹「おちんちんみっけ♪」

スコスコスコ

俺「うっ」

チュパチュパ

妹「はぁはぁおにいちゃん・・んっ」

俺「ハァハァ」

スッコンパッコン

妹「ううぅぅーッ ううぅイイよぉ~イイっっ!!」

妹「アンっ!」

スッコンバッコン


440 名前: ◆qRV9x1wYEE [] 投稿日:2008/11/05(水) 19:00:47.38 ID:ZjYaLEpx0
-----風呂場-----

父「フンっフンっ」

パコパコ

母「ああっあっぁっあっあんもっンモットー////」

父「アァァァコレだからせっくすはやめられないぃぃ!」

母「ふぅぅぅうっっうっ」

バコバコ

-----姉の部屋-----

姉「ジカイ・・・タロウノギャクシュウ」

姉「・・・・ミテ」



END


442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/05(水) 19:03:04.92 ID:/7gqJY7O0
続くのかよw

452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/05(水) 19:21:42.36 ID:GTLrms6vO
こんなに笑ったの久しぶりだったwww
乙www


454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/05(水) 19:39:36.36 ID:zjRAS9Rm0
これはwwいちおつwwwwwwwwww
腹筋しながら太郎編書いてくれることを祈る
















似たような記事


幼女「死ね」

姉「漏らせばいい……」

幼女「しゅきー」

関連記事
ゔぃぷ
2008/11/07 02:13
ここまでいくと神だなw

噂のVIP天使
2008/11/07 19:52
これ管理人がかいたの??
噂のVIP天使
2008/11/16 14:25
最初のノリがやべぇwwwwwwww
噂のVIP天使
2008/12/15 23:36
ミサトさんでめっちゃ笑ったw
ピーク過ぎたらなんか飽きた
-
2017/10/26 22:45
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントを投稿
涼宮ハルヒ
泉こなた
千反田える
小鳥遊六花
丹生谷森夏
鹿目まどか
柏崎星奈
藤和エリオ
忍野忍
中野梓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。