top
headline
2017年10月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 17:51:30.99 ID:1eKv5wuo0

かがみ「こなた~、さっきアンタがコンビニで万引きするの見たわよ!」
こなた「あ!かがみ・・・!?」
かがみ「フフフ・・・。見たわよ!!見たわよ!!見たわよ~!!」

こなた「・・か、かがみ!!お願い!!この事、誰にも言わないでぇ!!!」
かがみ「さぁ~て、どうしようかねぇ・・・」

こなた「何でもするからぁ~・・・・!!」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 17:55:21.29 ID:1eKv5wuo0

かがみ「今、『何でもする』って言ったわね!?」
こなた「うん!!私ができることなら、なんでも・・」

かがみ「よーし。じゃあ万引きの事黙っておいてあげるわ!!」
こなた「本当、かがみん・・!?ありがとう!!!」
かがみ「そ の 代 わ り・・・さっきの言葉忘れんなよぉ??」
こなた「うっ・・・うん」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 18:00:06.40 ID:1eKv5wuo0

かがみ「じゃあ、ハイこれ!!」
こなた「わあ・・・。何コレ?」
かがみ「見ればわかるでしょ??カバンよ、私のカバン!!」
かがみ「学校の帰りだったのよ。私の家まで届けておいて。私は、まだ寄り道したいからさ」
こなた「え、今から・・??」

かがみ「当たり前でしょ??・・もしかして断る気??l
こなた「あ、あはは、そんなことないよ・・・喜んでぇ・・・!」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 18:05:36.15 ID:1eKv5wuo0


・・
・・・

こなた「つかさ・・・。かがみのカバン持ってきたよ」
つかさ「あれ?こなちゃんがどうして?」
こなた「いやね・・・ジャンケンで負けた方が、相手のカバン持って帰るってルールで」
    「わたし負けちゃって・・・」

つかさ「随分、酷いルールで遊んでたんだね・・・。とにかく、カバン預かっておくね!」
    「こなちゃん、わざわざご苦労様!」
こなた「どもー・・・」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 18:09:47.57 ID:1eKv5wuo0

こなた「ああ・・・やっぱり万引きなんかするんじゃないや・・・」
こなた「もう外は真っ暗だし・・・お父さんに怒られちゃう・・・」
こなた「急いで家に帰んなくちゃ!!」

ピロリロリ~♪
こなた「あ、メールだ。かがみからだ」

『今すぐ私の家に来い』


こなた「なっ!?」
こなた「そりゃないよぉ~・・・。もうすぐ家に着くのに・・・」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 18:14:06.43 ID:1eKv5wuo0

かがみ「ああ、よく来てくれたわね!」
こなた(呼んでおきながら・・・)
かがみ「今日は家につかさと私しかいないのよ」
かがみ「だから夕飯を買ってきてくれない??自分で作るの面倒くさいからさ」

こなた「へ・・・!?」

かがみ「そうねぇ~、コンビに弁当なんかいいかしら?」
こなた「かがみ・・・。そのためにわざわざ私を呼び戻したの・・??」

かがみ「え? そうよ。何か問題でもあるの??」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 18:18:54.59 ID:1eKv5wuo0

こなた「わかったよ・・・!!」
    「じゃあ、ハイ!!」
かがみ「ん、どうした??手なんか差し出して??」
こなた「どうしたって!?・・・お金だよ、お金!!」

かがみ「私にくれるの??」
こなた「はいぃ・・・???」

こなた「・・・はぁ~。もういいよ。行ってくるよ・・・」
かがみ「ええ、頼んだわよ!!早めにねっ!!」
    「つかさの分も忘れるなよぉ~!!!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 18:26:21.79 ID:1eKv5wuo0

こなた「ハイ!買ってきたよ!!!」
かがみ「ハイハイ、ご苦労さん!」
    「なんだ、あんた気が利かないわね・・・。もっとイイ弁当選びなさいよ・・・」

こなた「ムッ・・・・・。じゃあ私帰るね!!」
かがみ「ちょっと待った!!あんた今日ウチに泊まっていきなさいよ!!」

こなた「ええ・・・??無理だよ・・・今日お父さんに早めに帰るって・・・」
かがみ「ふぅーん・・・無理ねえぇ・・・??」

こなた「あ、いや・・・!今お父さんに電話して聞いてみるよ!!」
かがみ「おう!早くしろよー」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 18:32:22.50 ID:1eKv5wuo0

かがみ「どうだったー?」
こなた「別にいいって・・・(少し機嫌悪そうにしてたけどね・・・)」
かがみ「よし決まりね!」

つかさ「今日はこなちゃんも一緒かぁ~。楽しくなりそうだねー!」
かがみ「そうね、つかさ。とっても楽しい夜になりそうね・・・」
    「いや・・・絶対私が楽しくさせてあげるわ・・・」

こなた「うぅ・・・・・(寒気が・・・)」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 18:39:40.47 ID:1eKv5wuo0

かがみ「じゃあ、こなた。早速悪いんだけど、お風呂掃除して」
    「ああ、お風呂沸かすのもお願いね。溢れさせたら承知しないぞっ?」
こなた「え・・・?」

かがみ「お 風 呂 沸 か し て!!!!」

こなた「りょ、了解ぃ・・・!!」
つかさ「?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 18:46:04.92 ID:1eKv5wuo0

こなた「沸かしたよ・・・かがみ」

かがみ「あ、ありがとう。じゃあ、早速入るか」
つかさ「お姉ちゃん、先入っていいよ~」
かがみ「悪いわね。じゃあこなた、入るか??」

こなた「は、入るかって・・・私も!?」
かがみ「そうに決まってるじゃない」

こなた「いやだよ・・・!!どうせ何かする気なんでしょ??」
かがみ「そっか・・・。ねえつかさー!!!今日、こなたがねー・・・!!!」

こなた「わあああああ、わかったよかがみ!!!一緒に入ろう!!いや入らせてください!!!」
かがみ「それでいいのよぉ・・・」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 18:54:11.65 ID:1eKv5wuo0

こなた「ふぅー・・・なんだってこんな」
かがみ「よしっ!!じゃあ、さっそく湯船に入るかぁー」
こなた「でも二人で入っちゃ、さすがにぎゅうぎゅう詰めだよ・・・」

かがみ「じゃあまずアンタだけ潜ってみなさいよ・・・」

こなた「潜る・・・!?」

かがみ「さあ、早くっ!!!」 ガシッ

こなた「わあああ、かがみ!!何するの!? わあああああ・・・」ザブン!
ゴボゴボゴボ…
こなた「もがああ・・・・もがぁ・・・・もがあぁぁ・・・!!」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 19:05:34.35 ID:1eKv5wuo0

こなた「・・・もがぁ・・っぷはあぁ!! ゴホッ!!ゴホッ!!ゴホッ!!」
かがみ「あら、よくあんな長い時間耐えられたわねぇ。さすがこなたぁ!」

こなた「・・ゴホッ!! ひどいよぉ、かがみ・・・」

かがみ「言わない、言わない。私なりのお泊りの歓迎よ!」
かがみ「さて、もっと歓迎しなくちゃね・・・」
かがみ「そうだ、湯船のお湯の温度上げるわね!?」

こなた「ええ!?いいよっ・・!!これでも少し熱いぐらいだからさー、やめて!!」
かがみ「いい、私が許すまで湯船から出たらダメよ!もし出たら・・・今日のことつかさに言うからな??」

こなた「ひぃ・・・」
かがみ「さーて、最初は60℃くらいなんかいいかしらね~・・・」

こなた「わあああ、かがみ!!何するの!? わあああああ・・・」ザブン!
ゴボゴボゴボ…
こなた「もがああ・・・・もがぁ・・・・もがあぁぁ・・・!!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 19:14:50.48 ID:1eKv5wuo0

かがみ「おおー、段々湯気が立ってきたわねぇ~・・・」

こなた「かっ、かっ、かがみい!!!!・・・あちゅい!!」
こなた「あちゅい!!本当にあついぃ!!!・・・お願い!!!」
こなた「出してぇ~!!!・・・はぁはぁはぁ」
こなた「助けて、かがみぃ!!!!許して!!!」

かがみ「まだこなたならイケるわよぉ・・・。さあ、さあ、ファイト~!」
かがみ「こりゃ、お弁当だけじゃなくて、こなたの鍋も食べられたりしてね!」
かがみ「しっしっし・・・」

こなた「ががみいいいいぃぃぃ・・・!!はぁはぁはぁ・・・あついいいいぃぃぃ!!!」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 19:48:05.21 ID:1eKv5wuo0

つかさ『お姉ちゃーん!まだ出ないのー?』

かがみ「ああ、いけない・・・。さあ、こなた、もう出てもいいわよ~」
こなた「はぁはぁはぁ・・・・・・・」
ザバ

かがみ「あら、身体中真っ赤っかねぇー・・・。大丈夫??」
    「早く浴室から出て身体を冷やすのねー。私はもう少しお風呂場で温まってるからー」

こなた「・・・・じゃあ、お先に」
かがみ「さあ、湯船のお湯冷まさないとねー。ふんふふんふ~ん♪」

こなた「・・・うぅ・・・あちぃ・・・」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 20:23:23.89 ID:1eKv5wuo0

かがみ「ふぅー、いい湯だったわ~」
つかさ「あ、お姉ちゃんやっと出たね」
かがみ「あ、つかさ。もう弁当食べてたのね」
つかさ「うん」
かがみ「じゃあ、私も食べるかなー」

こなた「・・・・・・」

かがみ「さあ、いっただっきま~す!」
かがみ「あ、そうだ!こなた、ア~ン!」

こなた「ど、どうしたの、かがみ?大口開けちゃって・・・」
かがみ「お弁当のオカズを箸で私の口に運んでよ。さあ、早く!ア~ン!」

こなた「・・・・・・」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 20:30:42.80 ID:1eKv5wuo0

こなた「ハイ・・・どうぞ」
かがみ「パクッ・・・モグモグ。ああ、おいしいわー」

かがみ「もう一度、ア~ン!」
こなた「はいよ・・・・」
かがみ「パクッ・・・モグモグ」

つかさ「わぁ~、何か二人とも新婚さんみたいだねぇ~。いいな~!」
かがみ「やだわねー、この子はぁ。そんな訳ないでしょ、あはは」
    「そうだ、こなた!つかさにもお弁当食べさせてあげなさい」

こなた「ええ・・・・・」
かがみ「イヤなの!?」

こなた「わ、わかったよ・・・。さあつかさ、ア~ンしてぇ・・・」
つかさ「わあ、こなちゃん私にもしてくれるのぉ?じゃあお願いね、こなちゃん。ア~ン!」

こなた(トホホ・・・。これじゃあ、かがみのパシリじゃん・・・)

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 20:43:06.10 ID:1eKv5wuo0

つかさ「あれ、こなちゃん。そういえば、こなちゃんは夕食どうしたの??」
かがみ「もう家で済ませてきたのよね~?」
こなた「う、うん・・・まぁね」

かがみ「ふぅー、ごちそうさまー!」
つかさ「ごちそうさまでした!」

かがみ「でもなんか・・・満腹感がないわね・・・」
    「あ、そうだこなた!ちょっとこっちに来てー」
こなた「? なあに、かがみぃ・・・?」

ヒソヒソ
かがみ「お菓子買って来い・・・・・・」
こなた「へ・・・??」
かがみ「多いほどいい・・・。わかったら早く!!大至急!!」

つかさ「どうしたの、二人とも?」
かがみ「何かこなたがお泊りのお礼に、お菓子買って来てくれるんだってさー」

こなた(・・・・・・・こんなのって)

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 20:54:25.39 ID:1eKv5wuo0

こなた「はい・・・買ってきたよ二人とも」
かがみ「おお、サンキュー」
つかさ「ありがとう、こなちゃん!でも、こんなに貰っちゃっていいの・・・?」
こなた「いいの、いいのー・・・・あははは」

かがみ「よし、じゃあ早速食べるか~」
    「んじゃ、その間肩揉みよろしくね~?」
こなた「はーい・・・・・」
モミモミ…

つかさ「何か今日の二人・・・少し違うねー」
かがみ「そう?いつも通りじゃない」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 21:02:49.16 ID:1eKv5wuo0

モミモミ…
かがみ「・・・うぅーん・・・いいキモチねー」
こなた「そりゃよかった・・・」
かがみ「後でつかさにも揉んであげるのよー?」
こなた「わかってるよぉ・・・・・」

かがみ「!?・・・イタァ!?ちょっと今の強すぎよっ!!???」
こなた「あ、ゴメン・・・!」

かがみ「いい加減にしなさいっ!!!」 パシーーーッン!!

こなた「へぶぅっ・・・!!」

つかさ「お、お姉ちゃん!??さすがに平手で顔を叩くことは、ないんじゃ・・・」
かがみ「ダメよ・・・きっと今のはわざとよ・・・」
    「これぐらいしなきゃね・・・!!へっへっへ・・・」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 21:19:27.40 ID:1eKv5wuo0

かがみ「いい??次やったら、半殺しよ!?」
こなた「はい・・・すみましぇん・・・・・・」
かがみ「全く・・・。自分の立場がわかってるのかしら・・・」

かがみ「ほら!わかったら、さっさとやる!!」
かがみ「蹴られたいの!?」 ドガッ!!

こなた「うっ・・・・・・!?わ・・・・かりま・・した(もう蹴ってるじゃん・・・)」
かがみ「フンッ・・・。使えないわねー・・・」

つかさ「・・・・・・。お、お姉ちゃん、きっと勉強のしすぎかなんかで疲れてるんだよね?」
    「それでちょっとイライラしてるだけだよね・・・?今、温かいお茶入れてくるから待ってて」
かがみ「あ、つかさ??そんなんじゃ・・・」
ガチャ・・・

かがみ「・・・チッ。おい、お前のせいだぞ・・・。私の妹に無駄な気を遣わせて・・・」
こなた「ご・・・ごめん・・・。本当にゴメン!!」

かがみ「ゴメンじゃすまないわよっ!!!!」 ドスッ!!!!

こなた「ぐおおぉぉ・・・ぉぉ・・・」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 21:34:16.31 ID:1eKv5wuo0

かがみ「ホラ、跪きなさいよ!!!」 ゴリゴリゴリ…
こなた「痛い・・・・いたいよぉ・・・頭が潰れちゃう・・・」

こなた「ごめん、かがみ・・・・・ごめんなさぁぁい・・・!!!」

かがみ「いいか??つかさがこの部屋に戻ってきたら・・・今みたいに跪いて謝るのよ??」
    「わかったら、返事する!!!!」
こなた「わ、わかりました・・・かがみ様・・・!!」

かがみ「ったく・・・。犯罪者の分際で調子に乗って・・・」
かがみ「そうだー。つかさが戻ってこない間、私がアンタのその腐った性根を調教してあげるわよ・・・??」
こなた「え・・・な、なにをする気なの・・・かがみ・・・」

かがみ「くっくっくっく・・・・・さあ、なんだろうね~??」
こなた「こ、怖い・・・・やめて・・・・お願い・・・・」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 21:53:01.45 ID:1eKv5wuo0

かがみ「ホラ見なさい。これ、ムチよ・・・」
こなた「何でそんな物・・・やめ・・・やめてよ、かがみ・・・」
こなた「お願い!!!それだけはヤメテ!!!嫌だよぉ!!」

かがみ「フフフ・・・ダメ――――――――!!!」

こなた「ひゃぅ・・・!!!」 ペシンッ!!!
こなた「あう・・・・!!!」  ペシンッ!!!
こなた「あああぁぁぁ・・・!!!!」 ペシンッ!!!
こなた「ぶほぉ・・・・・!!!!」 ペシンッ!!!

かがみ「あはははは!! まるで毛虫がのた打ち回ってるみたいで、本当に愉快ねぇ・・・!!」
    「これはヤミツキになるわ!! くっくっく・・・。もっと楽しませて!!!こなたあああぁぁ!!!」

こなた「うがああああぁぁぁぁぁ・・・ぁぁ・ぁ・!!!!」 ペシ――――――――ッン!!!

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 22:18:09.27 ID:1eKv5wuo0

かがみ「なんか一通り叩きまくってたら飽きてきたわね・・・」
かがみ「そうだ、今度は刺してみるかぁー」
こなた「お、お願い・・・かがみ・・・これ以上・・・やめてえええぇぇぇ!!!」

かがみ「よし、カッターみっけ!」
こなた「い、いくらなんでもそれは尋常じゃないよ、かがみん!!・・・しまってよぉ!!!」

かがみ「安心しなさいってこなたぁー・・・・・。深く刺したりしないから・・・」
    「つかさに気付かれないくらいの・・・・・浅い傷をいっぱい付けるだけだからさぁ~!!!」

こなた「イヤダアアアアァァ・・・ァァ!!!!」
かがみ「さあ、背中だしなー・・・!!」

こなた「イヤだ!!!イヤだ!!イヤだ―――――!!!」
かがみ「そらっ!!! そらっ!! そらっ!! そらあああぁぁっ!!」

シュ!!・・・スパッ  シュ!!・・・スパッ  シュ!!・・・スパッ シュ!!・・・スパッ
こなた「・・・!? う・・・う、うぎゃああああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 22:43:14.87 ID:1eKv5wuo0
ガチャ!!
つかさ「二人とも、お茶持ってきたよー!」
かがみ「ああ、わざわざ悪いわね・・・。そんな気を遣わなくても良かったのに・・・」

こなた「・・・・・・・」

つかさ「あれ??どうしたの、こなちゃん??」

こなた「つかさ・・・ごめ・・・ごめんね・・・私の為に・・・・・・お茶運ばせて・・・・・」
    「本当に・・・・・・ゴメンね・・・・・・・」
つかさ「こ、こなちゃん!?なんで謝ってるの・・・??私はコレくらい全然・・・」

かがみ「まあ本人も土下座して反省してるみたいだから、許してあげてつかさ・・・」
つかさ「え、許すって・・・何のこと・・・?」

こなた(ダメだ・・・・・私いつか殺されるよ・・・・・)

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 23:08:01.85 ID:1eKv5wuo0


つかさ「と、とにかくこなちゃん、気にしないでぇ・・・」
    「こなちゃんの分のお茶もちゃんと持ってきたからねー」
かがみ「そうなの?じゃあ、私がこなたに渡すわ。ちょうだい、つかさ」
つかさ「はい、お姉ちゃん!」

かがみ「・・・はい、お茶よ、こな・・・うわああ!!」
ビチャ――――!!

こなた「・・・わあああああ!!!! あっち!!!あっちぃ!!!あっちいいいぃぃぃぃ!!!!」
つかさ「ああああ!? こなちゃん、大丈夫!?」
かがみ「ゴメン、こなたぁ~!!手滑らせて、背中にお茶ひっかけちゃったわっ!!!」

つかさ「私、すぐに台所から布巾もってくるね!!!」
こなた「あああ、つかさ・・・いいってぇ!!」
ガチャ

こなた「ああ・・・・・・・!!」
かがみ「風呂のお湯の時より熱くないだろ??それくらいで騒ぐなよ・・・」
こなた「あああ・・・あああ・・・・!!」
かがみ「まあ、背中にかけちゃったから・・・・・さっきの傷口にしみちゃったか・・・・??」
こなた「あがあああぁぁぁ・・・・!!」
かがみ「本当ツイてないわね、アンタ・・・・・フフフッ」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 23:31:25.28 ID:1eKv5wuo0


かがみ「せっかくだから、私のお茶もこなたにあげるわ・・・」
こなた「・・・!!??」
かがみ「さあ、その傷口から・・・・・おいしく飲むのよ・・・・」
こなた「あああ!!やめっ・・・・・!!??」

チョピ・・・チョピ・・・チョピ・・・チョピ
こなた「あがあああああああぁぁ!!! あああぁぁぁ!!! いやああああぁぁ!!!」

かがみ「いっぺんにかけるより・・・こうやって少しずつ垂らしていく方がおもしろいわねぇ!!!」

ダダダダダダダ・・・ガチャ
つかさ「今の叫び声、こなちゃん??」
かがみ「さっきのが相当熱かったみたいなの・・・!! 早く布巾で拭いてあげて、つかさ!!」
つかさ「うん、わかった!」

かがみ「ああ、可哀想なこなたぁ・・・・・・。本当にゴメンなさいね!」
こなた「ううぅぅ・・・・・・」

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/06(月) 23:46:17.52 ID:1eKv5wuo0

つかさ「こなちゃん、火傷とかしなかった??」
こなた「うん・・・・全然大丈夫だよ・・・・」
つかさ「でもさっき、本当に熱そうだったよ・・・?背中とか火傷してるんじゃ・・・」
こなた「だから、本当に大丈夫だから・・・・・・!!」

かがみ「こなたが平気って言ってるんだから大丈夫よ、つかさ!」
つかさ「それならいいんだけどぉ・・・」

かがみ「そんなことよりもう遅いから、寝ましょうよ」
つかさ「本当だ・・・。じゃあ、お布団しかなくちゃ」

かがみ「こなたは私の部屋で一緒に寝ようねぇ・・・」
こなた「・・・・っ!!???」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/07(火) 00:02:12.85 ID:5yH37kqM0

つかさ「ええぇ~、みんなで一緒の部屋で寝ようよー・・・」
かがみ「お願い、つかさ!!今日こなたと色々あったから、二人になってしばらく話したいのよ」
つかさ「そっか、そういう理由なら仕方ないかな・・・」
    「こなちゃん、きっとお姉ちゃん疲れていらいらしてただけだと思うから、あんまり怒らないであげてねっ!」
こなた「あ、う、うん・・・・・」

つかさ「それじゃあ、二人とも、おやすみなさ~い」
バタン・・・

かがみ「こうやって素直に従ってくれるところ、つかさの可愛いところなのよね・・・」
     「お前と違ってね・・・」
こなた「・・・・・・ゴクッ」
かがみ「また二人だけになっちゃったわねぇ、こなた??・・・・クスッ」
こなた「あわわわわ・・・・・」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/07(火) 00:21:48.78 ID:5yH37kqM0


かがみ「さあ、こなた。布団を身体中にくるんであげるわ・・・」
こなた「いいって・・・!!ああああぁぁ・・・!!?」
ガシッ!! ドシンッ!! グルグル…

こなた「もがぁ・・・・・!!むぅー!!むうぅー・・・!!」
かがみ「クックック・・・。暴れても無駄よぉ・・・私が抑えてるんだもんねー・・・」

こなた「むぅ――――・・・!!」
かがみ「顔も覆ってるから、このまま息ができないまま失神しちゃったりしてねぇ・・・」
    「でも死ぬなよぉ~?私のおもちゃが壊れちゃったりしたら、つまらないしねー!!」
    「ほどほどにしてからまた解いて、そしてまたくるむの繰り返しで、今夜はとことん遊んであげるわ!!」
    「今夜は絶対寝かせないからね・・・、こ――な――た??」

かがみ「クックック・・・アッハハハハハ・・・」

こなた「むぅ―――・・・!!むがぁ―――・・・!!むがあああぁぁぁ・・・!!!!」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/07(火) 00:52:25.61 ID:5yH37kqM0
かがみ「そろそろ解いてあげようかしらね・・・。死なれちゃたまらないしね」

こなた「っぷはあぁ・・・はあ・・・はあ・・・」
かがみ「どう、布団に縛られる感想はー??」

こなた「・・・やめ・・・て・・・・・くるし・・・・・い・・・・おも・・・・・いよ」

かがみ「・・・・・・」
    「こなた・・・。今なんて言った??重い・・・??」
    「ってことは布団に乗っかってる私が重いって事・・・??」
    「どうなのよ・・・・・???」
    「もういっぺん言ってみなさいよおおぉぉ!!!!こなたあああああぁぁぁぁ・・・!!!!!」

ガシッ!!
こなた「うぎゃぁ・・・!!がああぁぁぁぁぁぁ・・・ぁぁぁ!!!あががががががああぁぁ・・・!!!!」

かがみ「アンタ、そんなに私に絞め殺されたいの・・・!!!!??」
   「そんなに死にたいのかって聞いてるのよおおおおぉぉぉぉ!!!!!!」

こなた「ああががががががぁぁあぁああぁぁぁあぁぁぁ・・・・ああぁぁ・・・ぁぁ・・・!!!!!」

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/07(火) 01:19:28.18 ID:5yH37kqM0

こなた「くっ・・・!!」
ガッ!!
かがみ「なっ!?この部屋から逃がさないわよっ、絶対に!!」

ガシッ!! ドタンッ!!
こなた「うっ!!」
かがみ「へへ・・・ドアノブ回せないように、指折ろうかぁ!???」

こなた「てりゃああぁ!!」
ガスッ!!
かがみ「うわ、うわあああ!!・・・いたた、蹴られた」
    「・・・こなたぁ~・・・抵抗したわね、私にぃ・・・!!???」

バシッ!! ドゴッ!!
こなた「うがああぁぁ・・・・!!!」
かがみ「弱ってるくせに、調子に乗って!!!」
    「いい??いつでも私はつかさの部屋に駆け込んで、アンタの罪を暴露することができるのよ!?」
    「にもかかわらず、黙っててあげているのよっ!!??」
    「・・・それなのに、アンタはその私の優しさに付け込んで、あろうことか蹴っ飛ばすなんて・・・!!!」
    「絶対に許さないわ!!!!こなたああぁぁ!!!!」

ドス!! ベシッ!! バキッ!!
こなた「おごぉ・・・!!おごっ・・・!!おごおおおおぉぉぉぉ・・・あああぁぁぁ・・・!!!!」





545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/07(火) 23:49:17.15 ID:DwFovTFv0

こなたは自分の身に起こっている現実が信じられなかった。
怒られる事もあった、調子に乗って突っ込まれる事もあった、だけど先日までは一緒に居て心から楽しいと思えた親友。
今日だって昼休みにはバカな話を一緒にしてくれた存在。

かがみ「許さない! 許さない!! 許さない!!」
こなた「おねが……やめて……もう……」

それが、今自分の腰に馬乗りになって、顔面を殴っている。
昼間とはまるで別人のようなかがみ……。
そして、自分の状況を見ても最低限のフォローのみで、決して助けてはくれないつかさ。
まるで悪夢のような状況。

こなた「やめ……て……やめ…………」

目の前で、何度も何度も平手や拳が往復するたびに、これが夢では無い事を


548 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/07(火) 23:55:47.66 ID:DwFovTFv0

実感させられた。

こなた「……………………」

それから数分たって、かがみも疲れたのかようやくサンドバックが終わった。
落ち着くと、口の中全体に血の味が、鼻の奥から鉄の香りが広がるのがよく分かる。
顔を殴られた時に視神経も傷つけたのだろうか?
いまだこなたの視界は霞んだままで焦点が合わない。
ただ、目の前でかがみが手をはたいているのだけは分かった。

かがみ「あんたねー見てみなさいよ」

これ見よがしに、かがみの手を眼前に押し付けられる。


550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/08(水) 00:04:42.83 ID:lshRBmH80

かがみ「あんたの歯のせいで、手が切れちゃったじゃない? どうしてくれるの?」
こなた「知らないよ……」

言った途端、勢いのある平手がこなたの頬をはたいたのだが、こなたの心情は変わらない。
そもそも目が霞んでいるため、自分の血がこびり付いている事しか分からない。
かがみの手に本当に傷がついているかも怪しいのだ。

もう一度、今度は反対の頬に衝撃が走る。

かがみ「ホント、クズよねー。あんたって。」
こなた「………………」
かがみ「万引きして人を傷つけて、あげくに開き直り?」

更に一発。


553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/08(水) 00:15:05.84 ID:lshRBmH80

もう散々殴られて腫れた頬にも、折れた奥歯にも、カッターで傷つけられた背中にも痛みを感じない。
脳が、痛みを感じる感覚を止めてしまったのだろう。
ただ――――――

こなた「……ひ、ぅ……ぅ……」
かがみ「あら?」
こなた「ひぐ、 ひぅ……ひぐっ! なんで……! なんで…グジュ……」

確かに万引きはした。
それは許されない事だっていうのは分かる。
ましてや、『テストの成績で黒井ななこにからかわれたから』と言う理由などでは。

かがみ「ホ・ン・ト、バカよねあんた? 泣けば許してくれると思ってる、 わけ!?」

鳩尾に入るかがみの拳にも、
どうせなら、心も何も感じなくさせてくれれば良かったのにと思うだけだった。。


803 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/08(水) 23:48:08.95 ID:lshRBmH80

かがみ「何の反応もなくなっちゃったわね。つまんない」
こなた「………………」
かがみ「ホラこなた~? 少しは抵抗しなさいってー?」
こなた「………………………」

かがみ「あー前々からうっとおしい奴だと思ってたけど、少しは気が晴れたわねー」
こなた「…………?」
かがみ「あんたさ、つかさの知り合いだから付き合ってやったけど、自分で努力はしないは
    オタク話がウザイわで、正直大ッ嫌いだったのよ?」
こなた「…………へ?」
かがみ「ひょっとして、アンタ私の事親友だとか思ってたわけ? あっはっはっは、バカじゃない」
こなた「嘘……嘘だよ……」
かがみ「あんたの事友達と思ってくれた子なんて、誰もいないわよ? 中学で親友だった子だって、どうせ
    あんたみたいなのに付きまとわれて迷惑だったわよwwwww」



806 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/08(水) 23:54:41.61 ID:lshRBmH80

こなた「ねぇかがみん、嘘でしょ? 私が万引きなんてしたから反省させようとしてるんだよね?」
かがみ「あのねぇ、いくらつかさがちょっと抜けてるからって、何であんたを放っといたと思う? 
こなた「やめて!」
かがみ「あんたに友達だと思われて迷惑だって昨日も愚痴られたんだから」
こなた「やめてよ!! もう、かがみんに迷惑はかけないから!! 」
かがみ「みゆきもね、正直あんたの事嫌ってるのよ? 普段は隠してるけどね。
    誰もあんたの事を好きには無いのよ!」
こなた「万引きも謝るから!! 色々からかった事も、ほんとゴメン!! やめてよっお願い!!」
かがみ「あんたのお父さんも、あんたがちっこいから優しいけど。そうじゃなかったらどうだったかねー?」
こなた「えぅ……う」
かがみ「だってさぁ、ぶっちゃけあんたのお母さんが死んだのって」

かがみ「 あ ん た の せ い じ ゃ ん ? 」

809 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 00:00:19.19 ID:stChV7Kp0

こなた「…………ぁ…ぁ…」
かがみ「もしアンタが普通に育ってたり男の子だったりしたら、きっとおじさんもあんたの事を憎んでたわよwwwww」
こなた「ウソ……全ぶ…………ウソ……」
かがみ「その上、命をかけて生んだ子が万引き……こなたのお母さんはどう思うかしら??」
こなた「ウ……ソ…………」

かがみ「さーてと」

かがみ「じゃ、さっそくだけどアンタが万引きしたって事家に伝えてあげんね、こなた」
こなた「………………」
かがみ「アンタなんて、誰からも必要とされて無かったのよ」
こなた「………………ぅ」
かがみ「じゃ、全部終わったら『自殺でもしてねー』。あんたが存在するってだけで吐き気がするから」
こなた「うわあああああああああああああああああああああああああああ」

ザクッ


815 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 00:03:46.07 ID:stChV7Kp0

かがみ「いた…い…わね……」
こなた「ハァ……ハァ……」
かがみ「カッターの、刃で、背中なんて……刺したって…………死ねるわけ」
こなた「――――――――――ッッ!!!!」
ザクッ ザシュ 

ドズリ

かがみ「そ、もっと……う、でとか、け、管が……顔とかも……げ」


818 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 00:05:46.32 ID:stChV7Kp0
ザリッ
       ブチュ

ブチュイ
               ゴリッ
かがみ「も、と……まだ、死ね、な…………」

ジュリ
                  ジュブリ
          ジュブリ

かがみ「」
こなた「―――――――!!!」

ザギュ

      ザギュ

823 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 00:12:06.64 ID:stChV7Kp0
数日前

かがみ「ゴメンね、つかさ……」
つかさ「…………」

つかさ「ねぇ、何で?」
かがみ「…」
つかさ「何でダメなの? お姉ちゃん、私達が姉妹だから? 女同士だから?」
かがみ「……」
つかさ「お姉ちゃんの事……ずっと好きだったのに」


つかさ「それともやっぱり……こなちゃん?」


825 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 00:15:01.63 ID:stChV7Kp0
かがみ「………………」コクン

つかさ「お姉ちゃん、こなちゃんは……」
かがみ「分かってる、何も言わないで」
つかさ「こなちゃんは、普通の女の子なんだよ?」
かがみ「分かってるわよ」
つかさ「だからお姉ちゃんが好きって言っても、きっと断られるよ!」
かがみ「そんな事分かってるわよ……!」
つかさ「だったら、私と」
かがみ「う る さ い!!」

かがみ「ごめん……」


830 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 00:23:21.34 ID:stChV7Kp0

かがみ「分かってるのよ……でも、どうしてもアイツが…………」
つかさ「……」
かがみ「つかさも気付いてたでしょ?
    勉強してても、みゆきや日下部や峰岸と一緒にいる時でも、
    どうしてもこなたの事で頭がいっぱいになっちゃうんだよ……」
つかさ「……」
かがみ「こなたがギャルゲーの話や、みゆきの事を褒めたりすると……それが友達として、ゲームの対象として、ってのは分かってるのよ
    それでもこなたの中じゃ、私なんてアイツのほんの一部なんだって思うと……いつか忘れられると思うと……
    私にとってはこなたが全てになってもいいのに……そう思うくらい……」
つかさ「……そう」

かがみ「ねぇつかさ……」

かがみ「時々、こなたが私の事だけを考えればいいのに、て思っちゃうのよ……」

かがみ「それが、愛じゃなくっても、友達以上の感情だったら……」

かがみ「ゴメン、我侭かもしれないし」

かがみ「今のつかさにこんな事頼むのは最低だと思う」


833 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 00:26:15.95 ID:stChV7Kp0

かがみ「多分、いつか私は……」

かがみ「こなたが『私を一生忘れないようになる』事をすると思う……」

かがみ「多分、いや、絶対最低なやり方をすると思う……」

かがみ「間違ってると思う、大好きな友達同士でいるべきだと思う……」

かがみ「でも、その時になっても……」

かがみ「私の事、止めないで……」

かがみ「そうしないと、きっと、私、壊れる……だから」

835 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 00:33:18.27 ID:stChV7Kp0

つかさ「『でもその代わり、今日だけは恋人でいてあげる』……か。
    結局、断っちゃったけどね」

つかさ「もう、終わったんだろうな……」
ギィィ……

ベチャ
つかさ「靴下、お気に入りなのに汚れちゃうな。……でも、汚いなんて思っちゃいけないよね……」

つかさ「お姉ちゃん、こなちゃん……」

床には、折れたカッターナイフと、カッターが折れた後に使われたボールペン、分度器、コンパス……
おそらく、刺せるものは何でも使ったのだろう。
その一部は倒れたかがみの身体になおも埋もれていた。

そしてもう一つ。

つかさ「こなちゃん……」

ハサミを喉に突き刺したまま、かがみの上に覆いかぶさるこなたが居た。


842 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/09(木) 00:46:19.17 ID:stChV7Kp0

つかさ「私、壊れちゃったのかな? 気持ち悪いとか、全然沸かないんだよ」

つかさ「ねぇお姉ちゃん? こなちゃんはきっと、お姉ちゃんの事だけを考えてたよ?」

つかさ「でも、こなちゃん、すごく哀しそうな顔だよ……」

つかさ「お姉ちゃんに裏切られて……間違ってるよ。 ……違うか」

つかさ「お姉ちゃん、最低なのは、私だよ……バカなのも、私だね……」



つかさ「無理にでも、止めれば良かったのにね……今更もう遅いのに」

ふと、こなたとかがみの方を見てみる。
こなたが覆いかぶさる形にはなっているが、本当にだた乗っかっているだけだ。
なんとなく寂しそうに見えた。

そして、つかさはこなたの身体がかがみの上へと寄せ上げるのだった。

関連記事
林檎
2008/10/09 21:00
怖い・・・つかさ編に続いて、・・・
噂のVIP天使
2008/12/16 00:29
鬱エンドかぁ・・ 落ちは良かったな
噂のVIP天使
2009/03/28 20:11
ひどい話だ。
噂のVIP天使
2009/07/03 17:33
かがみ…怖い…。
噂のVIP天使
2009/07/03 17:35
こんなのかがみじゃないよ…。
かあた
2009/07/23 00:19
まじすごい
aaaa
2013/09/12 13:32
にゃっは[5]
aaaa
2013/09/12 13:32
ぬっへ[1]
コメントを投稿
涼宮ハルヒ
泉こなた
千反田える
小鳥遊六花
丹生谷森夏
鹿目まどか
柏崎星奈
藤和エリオ
忍野忍
中野梓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。